スポンサーリンク

いまさら聞けない!看護技術

初心者・ブランクがあっても大丈夫!浣腸・摘便

浣腸・摘便

浣腸・目的

速やかに排便を促す

手術・検査のため、腸管内貯留物の排泄を促す

腹部膨満を緩和する

種類と方法

・グリセリン浣腸

・高圧浣腸

・石鹸浣腸

注意

・患者さんプライバシーの保持に努める

・医師の指示のもと行う→浣腸液量、禁忌疾患ないか確認

・血圧変動(迷走神経反射がおこることにより副交感神経が優位になる)

・左仰臥位でおこなう→S状結腸の走行に沿って行う

・立位、前屈位では腸管内を傷つける可能性があるため行わない

物品

グリンセリン浣腸・石鹸浣腸
①浣腸液②潤滑油③膿盆④手袋⑤オムツ、パット、おしりふき、処置用シーツ⑥洗浄ボトル⑧ビニール袋

高圧浣腸
①微温湯②膿盆③潤滑油④手袋⑤専用カテーテル⑥オムツ、パット、おしり拭き、処置用シーツ⑦洗浄ボトル⑧ビニール袋

※膿盆、ビニール袋などは持ち運び、使用後の物品回収の時に使用する

実施

浣腸を実施する前に必ず患者さんに浣腸することを説明する。排便コントロール目的で行う場合は、拒否することがあれば1度時間を置いてから再度説明する。理解を得られない場合は、他の方法(内服、座薬)での排便を促す方法を提案する

浣腸が初めて、以前血圧変動があった患者さんには、実施前に血圧測定を行う

①浣腸液お湯で37~40度程度まで温める→37~40度程度が超粘膜を損傷しない温度

②浣腸液のチューブ先端に5㎝程度まで潤滑油を付ける

③左側臥位を取ってもらい、浣腸液をゆっくり注入していく。注入時患者さんに口呼吸をしてもらい腹部に緊張がかからないようにする。すぐに浣腸液が排出されないよう1~2分程度は我慢するするよう声かけをする

※不必要な露出はさけ、プライバシーの保持に配慮する

④5分程度したら排便状況を確認、排便がなければ15分程度まで様子をみる。それでも排便が確認できなければ、摘便、他処置に切り替えを検討する

⑤排便があれば観察し片付ける→使用した物品を忘れずに、部屋の環境は元の状態に整える

観察

・使用時の一時的な腹痛、ゴロゴロ感、肛門部の不快感、残便感

・一般状態の観察

・反応便の量、性状、色

記録・報告

・記録基準にそって記録する

・医師又はリーダーに報告する

敵便・目的

便秘が持続し宿便陥頓を引き起こしている状態を改善する

腹圧をかけられず、便が肛門の手前の直腸で固まってしまい、浣腸しても便がでない状態を改善する

物品

①紙おむつ②潤滑剤③手袋④新聞紙・ゴミ袋④洗浄ボトル・おしりふき

注意

・患者さんプライバシーの保持に努める

・医師の指示の元おこなう

・左仰臥位でおこなう

・肛門や直腸内に亀裂や痔がある場合は、無理に行わない

実施

実施する前に必ず患者さんに敵便することを説明する。もし拒否があれば、一度時間を置くか、他の方法を一緒に考え提案する。

①ゴム手袋を着用し、示指に潤滑剤を塗り挿入、便塊を崩すように少しずつ回転させるようなイメージで取り出す

②掻き出すのが難しいようなら浣腸に切り替えることもある。

③口呼吸をしてもらい腹部の緊張をとる。

④不必要な露出は避け、プライバシーの保持に配慮する。

観察

・使用時の一時的な腹痛、ゴロゴロ感、肛門部の不快感、残便感

・一般状態の観察

・反応便の量、性状、色、肛門周囲の皮膚の状態

記録・報告

・記録基準にそって記録する

・報告する


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-いまさら聞けない!看護技術
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣