スポンサーリンク

スキルアップにチャレンジ 准看護師として働く場所 看護職あるある 私のひとりごと

准看護師のコロナワクチン・バイト体験談

コロナワクチンバイト

今現在コロナワクチンのバイト求人が続々出てきています。その中で准看護師でも可能なところでバイトをしました。

求人の多くは看護師がメインなのですが、派遣会社さんによっては准看護師募集をしているところもありますので興味ある方は探してみてください。

いったいどんなことするの?

私でも出来る?

どんな技術が必要?

やってみたいけど不安がある方もいるかもしれません。私が体験したきた内容を元に記載していきたいと思います。

求人の探し方

とにかくネットでひたすら探してください。

コロナ ワクチン バイト
コロナ ワクチン 派遣
コロナ ワクチン 看護・看護師・准看護師

色々検索すると何かしらにヒットしますので、時給、時間、日程が自分の希望に沿っている所に応募してみてください。

数日すると担当者から、面接、登録など何か知らなメール、電話などが来るので対応してください。

大人数の案件を抱えているところは、なかなか面接、電話にたどりつかなかったので、私は諦めました。

私が登録したところは直前募集だったので、資格証をメール添付、書類は郵送で行い、当日会場に行く形となりました。

持ち物

白衣、スクラブなどの作業着、メモ、ペンでした。

場所によっては中履きが必要なところもあるかもしれません。

役割り

やることは、薬液準備・接種・経過観察・予診票チェックに分かれて行いました。

奈良県立医科大学臨床研修センターにワクチンの情報があり分かりやすいです。

薬液準備

・冷蔵庫から室温へ→30分置く

・バイアルを上下にゆっくりと10回反転させる
白~灰白色の混濁液になる
絶対、バイアルは激しく振らない

・生食を希釈用シリンジに1.8ml吸引する

・ワクチンバイアル内に注入する
優しくゆっくり

・バイアルから針を抜く前に希釈シリンジに空気を1.8ml吸引し手から抜く

・生食が入っているバイアルを上下にゆっくりと10回反転させる
優しく・激しく振らない

・希釈した日時、時間をバイアルのラベルに記載
必ず6時間以内に接種する・直射日光、紫外線が当たらないようする

接種用シリンジに吸引する

・接種用シリンジにバイアルから0.3ml吸引する
吸引する前にエアーを同量入れると吸引しやすい
丁寧に優しく、振ったり、激しくたたいたりしない

・6回分吸引する(各0.3ml)
少しだけ余りがでる

・バットに並べ遮光シートをかける保存
接種は6時間以内、時間を記入したメモで管理すると分かりやすい

接種

・筋肉注射で行う

肩峰中央から垂直におろした線、前後の腋窩ひだの上線を結ぶ線

基本は利き手と逆の腕に接種、個人により逆に接種する場合もあり、要確認

・内旋禁止、腕を自然に下した姿勢に、力が入らないように声掛け

逆血は確かめずに

骨に当たった場合は、2.3㎜引き戻してから薬液を注入

強い痛みを訴えた場合は、針は皮膚から一度抜く

注射後揉まない

接種時の声掛け、確認事項

・利き腕はどちらか?(どちらにうっていいか?)

・アルコール綿はOKか

・血液サラサラの薬は飲んでいるか?
飲んでいる場合は接種後5分程度自分で圧迫固定をお願いする

※極端に注射が苦手なら臥床し接種することも考慮、他注射時トラブルが起きたことがないか確認する

経過観察

経過観察は基本は15分、注意しなくてはならない既往がある方は30分と分かれていました。

特に体調不良を訴える方は居ませんでしたが何が起こるか分かりません。急変時、緊急時のマニュアルがあるので、何かあれば手を挙げて応援を呼びましょう。

高齢の方は時間の感覚はいまいち分からない場合があるので経過観察時間が終了してもまだ帰宅しない方には声をかけて上げましょう。

予診票チェック

予診票チェックは基本は会場のスタッフさんで行うのですが、薬で分からないこと、スタッフで対応できない質問に答えることになります。

分からない場合は医師に確認するように伝えればOKでした。

必要スキル

筋肉注射スキルがあれば可能です。

打つ場所が従来と違いますが手技は変わりありません。

薬液係の場合は清潔操作が出来ればOKです。

難しいことはないので安心してください。

最後に

これからも求人数が多くなることが予想されます。准看護師でも関係なくできます。

興味がある方は時給もやや高め設定になっていますので1度体験してみることをお勧めします。


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-スキルアップにチャレンジ, 准看護師として働く場所, 看護職あるある, 私のひとりごと
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣