スポンサーリンク

スキルアップにチャレンジ 看護職あるある

電子カルテが苦手な方、克服できる方法教えます

電子カルテに変更するところが増えています

現在看護職として働いている方は、必ずカルテ、看護記録の記入をしたことがありますよね。

今の医療の中には、電子化は欠かせない存在です。今の20~40代は電子カルテに対応することが何の問題もないかと思います。

しかし50代以降の看護職の方は、苦手意識が高い方が多くいるかもしれません。私の先輩看護師の方で、電子カルテに変更するから、転職した方がいました。

転職先でも電子カルテに変わったら、そのことが原因で再度転職することになってしまいます。

もったいないなぁと感じてしまいました。(その方にとっては重要なことなんですが)

逆に電子カルテを導入し、頑張って覚える努力をしている先輩看護師の方もいました。だいたい3カ月くらいするとマスターしていました。

人は、学習すれば、何歳でも伸びることができるはずです。1度チャレンジしてどうしても無理なら諦めてもよいかと思いますが、やる前から諦めるのは勿体ないです。

そんな電子カルテが苦手な方に少しでも克服できる方法をお伝えします。

タイピング

電子カルテで必要になってくるのが、タイピングです。

その前にローマ字入力が基本になるのでローマ字を覚えなくてはなりません。

ローマ字が苦手な方は100均でもローマ字の下敷きなどが売っているので購入してみて下さい。


良く使う言葉を繰り返し入力することにより覚えることができます。

別に早く入力できなくとも、1本指で入力しようと看護職には問題ないです。

エンジニアでもないので、正しく指が使えなくてもOKです。

タイピングサイトで練習しよう

「myTyping」 こちら

パソコン初心者、タイピングゲーム上級者、学校の授業など、タイピング練習サイトです!

人気の歌詞のタイピングもあり初心者でも楽しく覚えることができます。

結構難しい「寿司打」こちら

やってみましたが、結構難しいです。流れてくる寿司のネタをタイピングするゲームです。

面白いですよ。「あーー」と言う声が出てしまいます。

日々の生活で練習

日々の生活で練習するのには、自分のスマートファンの文字配列をパソコンキーの配列に変えること

初めはやりにくいですが、慣れれば出来るようになります。

これは知っておきたいキーの使い方

ENTER(エンター) 改行、決定する時に使います。

back space(バックスペース) 1つ前の文字を消します。

スペース 空欄を開け、漢字に変換するときに使います。

Shift(シフト)シフトを押しながら打つと、アルファベットの大文字になります。記号などは、上の記号が入力できます。

その他ににも色々なキーがありますが、初めはこれを覚えておけば大丈夫です。

自分使用にカスタマイズ

電子カルテは自分のIDがあり個人で使い方をカスタマイズすることが出来ます。

良く使う言葉、文章などを簡単に入力できるようにすることができたり

使用回数が多い項目をお気に入れすぐに使用できるようにすることができます。

私の場合は、普段病棟で勤務しているのですが、時々外来にお手伝いに行くことがあります。

そこで困らないように、病棟外来と項目を分けてお気に入りに入れています。

電子カルテだと、これなんて書いてあるのか分からない?なんてことにもならず、漢字が分からないなんてことにもなりません。

デメリットも

システムトラブルがあると、全く指示も分からず、入力もできなくなってしまいます。

外来の場合は、受付もできなく困っているところをみかけたことがあります。

数年に1度システムトラブルに遭遇します。

他には、書かないので、漢字を忘れてしまいます。

電子カルテは苦手意識があるといつまでも出来るようには、ならないので少しだけ挑戦してみて下さい。

メリットのほうが大きいので今後も普及し続けるでしょう。


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-スキルアップにチャレンジ, 看護職あるある
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣