スポンサーリンク

スキルアップにチャレンジ 准看護師として働く場所 看護職あるある

福祉住居環境コーディネーターとは?働きながら資格取得OK

福祉住居環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーの資格です。

医療・福祉・建築について幅広い知識があり、各種の専門職と連携をとりながら適切な住宅改修プランを作成、援助します。福祉用具や諸施策情報などについてもそれぞれに合った形でアドバイスします。

自宅で高齢の方が生活していくには、自宅がバリアフリーであったほうが生活がしやすくなります。バリアフリーとは、段差をなくしてスロープを付けることだけではありません。年のとり方が人それぞれ違うように、必要とされるニーズもそれぞれ異なります。

そこで福祉住居環境コーディネーターが、様々な分野の専門家とわたり合い調整を行い総合的な知識が必要になっています。

日本は世界でも類を見ない速さで超高齢社会に突入しています。このような状況の中、医療・福祉・建築について総合的な知識を身に付けている福祉住環境コーディネーターへのニーズは確実に高まっています。

こんな方におすすすめ役立つ

東京商工会議所、検定センター
福祉住居コーディネーター検定試験

訪問型で働く看護職

ケアマネジャーや福祉用具専門相談員といった介護でのニーズが増加しています。そうなると看護職がこの資格を取得しておくとより知識が豊富であることから活躍できることななります。在宅での看護・介護する現代では、住環境に関する知識が利用者とその家族の満足度を高めることになります。

自宅の新築・リフォーム

自宅を新築にしたりリフォームするにあたり、工務店の提案を鵜呑みにするだけでよいでしょうか。住宅に対するニーズは人それぞれなはずです。自分が持っているイメージと他人が持っているイメージにはどうしても差が出てしまいます。

必要なことと必要でないことを的確に説明できるようになることが、満足のいく住環境整備に欠かせません。家族のため、自分自身のために、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると生活の質があがります。

各級の基準・出題範囲・合格基準

1級
2級に合格されていることが条件

試験はマークシート+記述
マークシート 2時間(前半)・記述式 2時間(後半)

<前半>マークシート式試験
2級・3級の範囲および1級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

・これからの社会に求められる福祉住環境整備

・福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割

・地域福祉の推進-福祉コミュニティづくり-

・地域で支える高齢者ケア

・地域で支える障害者ケア

・ユニバーサルデザインの概念および沿革

・ユニバーサルデザイン環境の整備手法

・高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ

・高齢者住宅・施設の種類と機能

・障害者向け住宅および施設の種類と機能

・福祉住環境のコーディネートの実際

<後半>記述式試験
実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力が問われます。公式テキスト(改訂5版)に準拠しているが、法令制度については、最新の情報の理解を前提として出題されることがあります。

採点・合格
マークシート方式・記述式各100点満点とし、それぞれ各70点以上をもって合格とします

2級
級の範囲および2級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力です。

マークシート方式制限時間は2時間

・高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境

・福祉住環境コーディネーターの役割と機能

・障害のとらえ方

・リハビリテーションと自立支援

・高齢者・障害者の心身の特性

・在宅介護での自立支援のあり方

・高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備

・障害別にみた福祉住環境整備

・福祉住環境整備とケアマネジメント

・福祉住環境整備の進め方

・福祉住環境整備関連職への理解と連携

・相談援助の実践的な進め方

・福祉住環境整備の共通基本技術

・生活行為別福祉住環境整備の手法

・福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識

・福祉用具の意味と適用

・生活行為別にみた福祉用具の活用

採点・合格
100点満点とし、70点以上をもって合格とします

3級は看護職の方は普段からの知識で十分合格できる内容ですので是非チャレンジしてみてください。

3級
3級公式テキスト(改訂5版)に該当する知識と、それを理解した上での応用力です。

マークシート方式制限時間は2時間

・少子高齢社会と共生社会への道

・福祉住環境整備の重要性・必要性

・在宅生活の維持とケアサービス

・高齢者の健康と自立

・障害者が生活の不自由を克服する道

・バリアフリーとユニバーサルデザインを考える

・生活を支えるさまざまな用具

・住まいの整備のための基本技術

・生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい

・ライフスタイルの多様化と住まい

・安心できる住生活

・安心して暮らせるまちづくり

採点・合格
100点満点とし、70点以上をもって合格です。

勉強やり方

東京商工会議所、検定センター
福祉住居コーディネーター検定試験

東京商工会議所、検定センターのホームページに公式テキストが販売されています。

テキストを使用し、自力で勉強し試験に望みましょう。ホームページ内で試験を試せたり、過去問題+回答なども紹介しています。

自力は不安な方はユーキャンの通信講座を使って勉強するのをおすすめします。

ユーキャンの通信講座のお申込みはこちら

これからの看護・介護

これからの時代にの看護、介護は色々な視点でみれるような人物の存在が必要になってくると思います。それぞれの役割で関わるのも大切ですが、ある程度他の職種とも話の合う看護者がいると、話もスムーズに進み、自宅介護で快適に過ごせる方が増加していくことができるのではないでしょうか。

自宅を快適な場所にしていけるようわたしも協力していきたいです。


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-スキルアップにチャレンジ, 准看護師として働く場所, 看護職あるある
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣