スポンサーリンク

准看護師として働く場所 看護職あるある

オムツ交換、排泄介助が苦手、やらなくてもOKな働き方あります

排泄介助と看護

看護職の仕事に排泄介助はつきものです。しかし、本当に排泄介助が苦手なだけで看護の資格をあきらめようとする学生に会ったことがありますが、勿体ないとしか言えません。資格を取得した後にただ排泄介助がない職場で働けばいいだけでなんです。

苦手な理由は、とにかく汚いと思ってしまうそうです。看護職で排泄介助がない仕事はけっこう多いので安心してください。

今は資格を持っていても看護職として働いていない方もいるかと思います。もし排泄介助が原因ならただそこを避けて働いてはいけないでしょうか。

・クリニック

外来のみのクリニックなら通常排泄介助はありません。

・老人施設

介護と看護の仕事が完全に分かれている場合は排泄介助は介護士の仕事になるのでありません。

・美容系

排泄介助なんてありえません。綺麗を求めてくる患者さんばかりです。

・治験看護師

排泄介助とは無縁の世界です。

・産業看護師

そもそも排泄介助の役割は存在しないです。

・看護の教育機関

教えることはあっても実践はないです。人形とかの実践です。

訪問看護ステーション

介護と完全に分かれていればないのですが、トータル看護だと排泄介助あります。

転職するときに

転職する時に一言

排泄介助がないところがいいです

と伝えてください。

遠慮すると転職会社のエージェントさんも分からないのでストレートに伝えてみましょう。

参考程度にみてください

病棟勤務は避けて

病棟勤務ですと必ず排泄介助が存在します。しかし、資格取得したばかりだと、病棟勤務になることが多いかと思うます。その場合は、外来勤務を希望することをおすすめします。それが無理ならクリニックなど看護技術が学べる所がいいかと思います。初めに施設などだと看護職が少なく分からないことを聞くことができないので対応に困ることが多くでてきてしまいます。とにかく病棟での勤務をさけられるような働きをしていけるようにしましょう。

排泄介助ができないと看護職失格なんてことはありません

苦手な分野でなく得意な分野を大いに生かせる職場で働いて充実した生活を送ってください


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-准看護師として働く場所, 看護職あるある
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣