スポンサーリンク

気になるお金のこと 看護職あるある

看護者の専用保険入ってないのは毎日ギャンブルしていると同じ

保険に入らないで仕事するのは危険すぎる!

看護職でなくとも医療職には専用の保険があります。

例えば
患者さんの物を壊してしまった
不注意によりケガをさせてしまった

処置ミス、最悪薬剤ミスの結果亡くなってしまった・・・

仕事をしていて自分が感染症にかかった

その時に保険に加入していると物の弁償ができたり、裁判なってしまうケースの裁判費用、弁償費用を負担してくれます。

実際に病院が訴えられ職員全員からその時の状況などの確認することも多いです。

病院相手に訴える場合は病院側の責任になるのですが、今の世の中は個人を訴えてくるケースが本当にあります。

例えば、単発派遣で副業をしている場合は特に注意してほしいです。

派遣会社さんは個人的に賠償責任をおってもらうことが多いようです。

よくあるケースがロッカーの鍵をなくしてしまったり、無線や電話を壊してしまうことだそうです。

自費で払うと働いた分よりお金がかかり意味がなくなってしまいます。

保険に加入していれば保険で対応ができますので加入しておきましょう。

病院、施設によっては費用を負担してくれ知らない間に加入している場合もありますが、小さい病院などは個人的に加入しなくてはならない場合が多いです。

看護職賠償責任保険
看護協会入会者のみです。加入できる期間が決まっているのでホームページで確認してください。

一度加入してしまえば、毎年更新していくことになります。看護協会退会時は他の保険に加入することができます。

看護協会に加入している方はぜひこちらの加入をおすすめします。

破損、災難、、裁判、感染症などさまざまな補償が用意されいます。

1年間2650円

詳細はこちら

指定の職業なら誰でも入れます。学生、介護者の人向けバージョンもあります。

看護職向けの賠償責任保険
業務中の3大リスクに備えた保険です。
・業務中の対人、対物事故の補償
・患者さんからのクレーム・トラブルの対応(弁護士費用)
・感染症羅漢への補償

年間掛け金 
Aプラン2980円 Bプラン3440円

Willnextは、一般社団法人日本看護学校協議会共済会の会員団体割引等の適用により
最大約68%も割安な保険料で加入できる総合補償制度となっています。

インフルエンザでも保障対象です。(1万円もらえます)新型コロナウィルスにももちろん対応しています。

資料請求はこちら

看護師・訪問看護事業者向けの保険
メディカル保険サービスでは一般看護者と訪問看護事業所向けの保険があります。

看護者向けの保険は特に他の会社と補償内容は大きく変わりはわりません

対人事故 
1事故につき:1億円 保険期間中:3億円

対物事故 
1事故/保険期間中:1億円

人格権侵害 
1事故につき:1億円 保険期間中:3億円

訴訟対応費用 
1事故につき:1,000万円
 
初期対応費用 
1事故につき:500万円

1人あたり年間保険料5,640円

詳しくはこちらで確認してください

医療職の方は自分には関係ないと思わずに賠償責任保険に加入しましょう

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-気になるお金のこと, 看護職あるある
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣