スポンサーリンク

看護職あるある 私のひとりごと

身内が入院しているなら、何時でも連絡取れるようにしておこう

いつ何があるか分からないのが入院

若い方にはあまり当てはまらいかもしれませんが、高齢者のとっての入院は、何時に何が起きるか分からない状態です。それがリハビリ目的の入院だったとしてもです。

多いケースが、夫婦二人暮らしであり、子供はやや遠方在住。夫婦どちらかが認知症になった、転倒して骨折手術することになり自宅で介護することが困難のためリハビリ目的で入院となった。そんな場合まさか、体調が急変して亡くなるなんて思いもしません。入院時必ず確認する急変時の対応、聞くと嫌な顔をしたり、呼吸器つけるのなんか当たり前だろうという方もいます。

だいたい多いのが、一回家族で話し合って答えをだします。と言われることがあります。それは当たり前であり構わないのですが、できればその答えは数日で欲しいのです。何週間たっても何も言ってこない家族もいます。そんな決まっていないなか、急変し呼吸停止状態になってしまうと、一度家族に連絡しもう一度確かめ、呼吸器につなぐ洗濯か決まらなければ、当たり前に患者さんは、呼吸器につながります。

基本呼吸器管理は個室対応なので、個室代がかかります。呼吸器繋がり数日でなくなる場合はほとんどの家族は何も言ってはきませんが、かなり長くなってくると毎日の個室代6000円~15000円程度が厳しくなってくるのです。他の部屋に移動させて欲しいと言われます。私が働いている所は基本呼吸器管理は個室です、大部屋で呼吸器をつけていることはまずありません。(他の患者さんが触ってしまったり、アラーム音が大きいのでクレームになる)

そういう雰囲気なると、呼吸器を外して欲しいという家族もいます。初めに説明しているのですが、一度装着すると状態が悪い中外す行為はありません。個室代がかることも説明しているのに・・・と思ってしまいますが、家族にとっては大切な人に生きてて欲しい気持ちもわかります。しかし家族の生活のほうが厳しく苦しくなっている方を何度もみてきました。

なので身内が入院した時は必ず連絡を取れるようにして欲しいんです。最後は看取りたい方も必ずです。

数時間、何日も連絡とれない

患者さんの心臓の動きが弱くなった時、呼吸がとまった、レベルがあきらかに落ちている場合は、連絡先に記入してある家族に連絡します。最近は携帯電話番号しかない方が多く、特に夜間電話しても近くにないのか、音にしていないのか全く連絡とれない方がいます。

まだ心臓が動いているうちの連絡しても、連絡がつかなければそのまま亡くなってしまいます。夜間家族に電話しつづけるも繋がらない、そんな時間が数時間続いても患者さんは待つしかありません。大きい病院で霊安室があればいいのですが、小さい病院は霊安室がないことも多いので個室で患者さんは家族が来るのをまちます。

当然見えないところは処置するのですが、見える部分は家族到着後になっているので、触れません。このまま死後硬直がくると着替えも大変、患者さんに申し訳なく思います。やっと家族と連絡が取れても家族は、罪悪感でいっぱいの顔をしています。そんなことにならないためにも、いつでも連絡が取れるようにして欲しいです。

あまりない事ですが、何日を取れない方もいました。家族とほぼ関りがないのだけれど、連絡先に書いてある子供・・・関りないなら子供も突き放せなかったのかなとも思いますが、家族にも色々あるのでしょう。どうしても連絡が取れない場合は役所に入ってもらい退院してもらいました。家族と連絡がとれたのは、数日後・・・・

本当に関わっていなかったのでしょう。面倒だなぐらいにはみえましたが来てもらえるだけいいかなと思いました。(荷物や支払いなど)

そういったケースもあるので、万が一何十年も連絡をとっていない親などが入院して連絡先にされてしまった場合は、関係ないことをはっきり伝えたほうがいいのかもしれません。

身内が入院している時には、いつでもどこでも連絡を取れる状態にして下さい


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-看護職あるある, 私のひとりごと
-

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣