スポンサーリンク

いまさら聞けない!看護技術

初心者・ブランクがあっても大丈夫!静脈点滴

点滴

目的特徴

注射後、抹消静脈系から右心系を経由し、全身に薬液が5から10分で行きわたらせることができる。

血管内に直接投与するので効果は速効性で強力である。

副作用が強く出ることもある。

選択血管

①表在性、弾力性があるか

②血管に蛇行がないか

③針の刺入に可能な血管の太さか

④表在静脈が見えやすいく固定がしやすいか、体動制限がかからないか、汚染されにくくないか

⑤なるべく橈骨神経走から離れた血管を選択する。橈骨皮静脈、尺側側皮静脈、前腕正中皮静脈が望ましい

注意

駆血帯を締めすぎない、2分以上巻かない(血液の正常変化が起き、血清成分や血球数が高値を示すことがある

アルコール過敏がないか

点滴刺入部の腫脹、痛み、発赤、点滴滴下の状態、三方活栓の向き、ルートの外れ、接続部の緩み、屈曲、エアー混入

患者さんに副作用がないか、嘔気、嘔吐、発疹、頭痛などの有無

合併症 
感染、空気塞栓、循環の過負荷、出血、神経損傷、静脈炎、血管外漏出

物品
①薬剤②輸液セット③三方活栓、エクステンションチューブ④翼状針、血管留置針(20Gから22G)⑤アルコール綿数枚⑥トレイ⑦手袋⑧駆血帯⑨肘枕⑩固定テープ⑪ヘパリン、生食ロック⑫必要時三方活栓のキャップ

準備

・薬剤オーダーを確認(処方箋指示に照らし合わせる)5Rでの確認。

・輸液ボトルに患者さんフルネーム、薬品名、日付、時間の記載があるか。

・薬液を準備し、アンプル、バイアルなどあれば混注する。

・輸液セットのクレンメを閉じ、輸液セット、三方活栓、エクステンションチューブを接続する。

・点滴ボトルのゴム栓をアルコール綿で消毒し、輸液セットをボトルに垂直に刺す。

・点滴ボトルをスタンドにかけクレンメを開いてルート内すべて薬液で満たしエアーが抜けたか確認し、クレンメを閉じる。

患者さんへの説明 (点滴する前にトイレに行ってもらう)

①目的、方法、部位、体位を説明する。

②薬剤作用、副作用を説明する。

③患者さんの不安や緊張を受けとめる。

④患者さんに名前を名乗ってもらい確認する。ネームバンド確認する。

実施

①患者さんに声掛けをしこれから点滴をすることを伝える。

②カーテンなどを閉めプライバシーを守る。

③手袋を装着し、患者さんに腕または刺入部位を露出してもらう。

駆血帯を刺入部から7から10㎝上に巻き締める。(駆血帯は2分以上巻かない、患者さんに手を握ってもらう)

④怒張した血管と走行を触診で確認し、針を刺す部位を始点に渦巻き状に消毒する。

⑤利き手と反対側の手で血管を固定し、軽く皮膚を伸展させる。

⑥針の刺入角度は15度以内で、刃断面を上にし、中枢に向かって刺入する。

⑦患者さんに手先のしびれ感、痛みがないかを聞き神経損傷のないこと確認する。

⑧血液の逆血を確認する。(留置針の場合は外筒を進めて内筒は抜く)

⑨刺入部をテープで固定し滴下速度を合わせる。

患者さんに変化がないか注意、体動、移動時に抜針しないようルートを固定する。

⑩ナースコールを近くに置き、何かあればすぐに連絡するよう伝える。

周りの物品をかたずける。

点滴中は患者さんに変化がないか常に気に掛ける。

点滴終了後は留置針の場合はヘパリンや生食でロックしルートが邪魔にならないよう固定する。

翼状針の場合は抜針し止血できているか確実に確認する。

抗がん剤など組織の壊死を生じる薬液漏出の場合は速やかに医師に報告し指示をあおぐ。


⇩⇩⇩⇩ 応援クリックお願いします ⇩⇩⇩⇩

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ 

スポンサーリンク

-いまさら聞けない!看護技術
-,

© 2021 准看護師から正看護師への道|家庭との両立の秘訣